名古屋市立高校「オンライン職業人講話」に登壇


Nurse for Nurse 代表理事の門元と理事の二田水が名古屋市立高校「オンライン職業人講話」に登壇し、「看護職の仕事と多様なキャリア」と題した講話を実施いたしました。


講話では門元・二田水それぞれのキャリアを紹介しつつ、看護職の仕事の紹介だけに留まらず、その活躍の幅広さについてもお話させていただきました。また、NfNの活動紹介を兼ね、看護の視点を活かした社会課題の解決への取り組みについてもお話をさせていただきました。そして、質疑応答の時間では事前に頂いた多数の質問に可能な限りお答えしました。


この講話は「名古屋市立高等学校及び特別支援学校におけるキャリアサポート事業」の一環として実施され、国家資格を持つキャリアコンサルタントが校内で「キャリアナビゲーター」としてキャリア教育の推進やキャリア形成支援を行っておられます。当日は名古屋市立高校7校から50名を超える生徒の皆さまに放課後お集まりいただきました。


受講した生徒の皆さまからいただいた感想の一部をご紹介します。

  • 看護師というと「病院」で働くというイメージがあったのですが、同じ看護職でも働く場所がたくさんあると知って自分に合うところを探すことの大切さが良くわかりました。

  • これから看護師に求められることや自分が知らなかった課題があることも分かり、将来看護師として働くときに活躍できる場がたくさんあることに改めて魅力を感じました。

  • 大学での看護学部の勉強については調べたりして知ることができていたけど、どんな風に働いて、どういうキャリアを送っているのかを知る機会はなかったので、とてもおもしろかったです。

  • 海外で働いたことのある方の話を聞いたのは初めてでとてもいい刺激になって、もっといろいろな話を聞いたり調べようと思った。

  • 私も看護を通じて自分のやりたいことは何かを考えていこうと思います。

  • お二人のお話から「看護職を選択するという人生」というところまで考えられました。

今回はたくさんの事前質問をいただいたのに加え、当日生徒の皆さまが熱心に聞いてくださっている様子も画面越しに伝わり、看護への関心の高さが伺えました。また、受講後の感想には、看護の資格を取得したその先について想いを巡らせたものも多くあり、大変頼もしく感じました。


今回の講話が生徒の皆さまの将来のキャリアを考える一助となれば大変嬉しく思います。このような貴重な機会をいただきありがとうございました。