top of page

テルモ生命科学振興財団助成事業

テルモバナー (5).png

見学プログラム
​2024年8月3日(土)

地域における看多機の役割や看取りについて、見学を通して学んでみませんか?

ウェビナー

準備中

2024年12月予定>

事業概要

NfNは公益財団法人テルモ生命科学振興財団2023年度医療貢献活動助成に採択され、以下「市民・看護職への看護小規模多機能型居宅介護での看取り推進」事業を実施いたします(実施期間:2024年1月~2025年3月)。

​背景

我が国では病院で亡くなる方が 8 割を占める現状があるなか、厚生労働省の「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会」が 2017 年末に実施した調査では、国民の 63.5%が「自宅で最期を迎えたい」と回答しています。その希望が実現しない要因は様々ありますが、医療の高度化と共に一般市民が在宅で看取ってもらえる、家族が看取れるということが理解されていない現状もあります。また、尊厳ある看取りを支える看護要員の確保が難しいという実態も浮かび上がっています。特に看護基礎教育に「在宅看護論」がない世代(平成8年以前)や訪問看護の経験がない者は、在宅看護のイメージを持てない者も多いといわれています。

このような背景をもとに、看護の質確保のため各地で在宅看取り教育プログラム等実施されていますが、そもそもの人材確保の観点からは、より多くの看護職に本領域に関心を持ってもらうことが必要であります。また、一般市民の方々にも看取りにおける看護の役割について理解をしていただく必要があります。

そこで、近年新たな支援提供先として注目やニーズが高まっており、事業者数および利用者数が増加傾向にある看護小規模多機能型居宅介護施設(以下、看多機)での看取りについて紹介します。

一般市民、看護職、福祉関係者等、より良いサービスを受けたい、提供したいと思われている皆様、是非事業へご参加ください!

見学プログラム

事業内容

①見学プログラム 

​2024年8月3日(土)

​全国の看護職の皆様、

看護小規模多機能型居宅介護での看護や看取りの実際について、

現場を見て、話しを聞いてみませんか

 

本見学プログラムでは、地域における看多機での看護、その役割や看取りについて、見学を通して学ぶ機会を提供します。そして、将来この分野で活躍する看護要員の増強を図ることを目的とします。

訪問先:株式会社ラピオン 看護小規模多機能型居宅介護 ラピオンナーシングホーム(東京都日野市)​​

パンフレット

対象:

  • 日本国の保健師・助産師・看護師免許保有者(いずれか1つ以上)

  • 看多機での看護や看取りに関心のある方(経験は問いません)

  • プログラムの全日程(下記参照)に参加が見込める者

プログラム日程:

  • 2024年7月14日(日)15時~16時:NfNによる参加者事前オリエンテーション(オンライン)

  • 2024年8月3日(土)午後:看多機へ訪問(事業オリエンテーション、見学、質疑応答など)

  • 2024年8月31日(土)15時~16時:見学プログラム参加者報告会(オンライン)
     

募集人数:3名

参加費:無料(交通費・旅費〈日当・宿泊費含む〉をNfN規定により最大5万円まで補助)​

募集期間:2024年3月25日(月)~5月18日(土)

*面接日:5月26日(日)または6月2日(日)15時半~17時半の間15分程度(オンライン)

**最終選考結果は6月中旬頃までにご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。

応募フォーム:https://forms.gle/FLuQdasmVby5LAKb7

​(ご経歴・応募理由などをご記入ください。)

詳しくは募集要項をご覧ください。

*プログラムへの参加はNfN会員限定とします。応募時に会員である必要はありませんが、プログラムへの参加が決定しましたら速やかに会員登録(入会金・初年度年会費無料)をお願いいたします。応募者が多数の場合は既に会員である方を優先させていただきます。

②ウェビナー

​(2024年12月予定)

 

 

 

準備中

ウェビナー

本事業は「公益財団法人テルモ生命科学振興財団2023年度医療貢献活動助成」を受け実施しています。

bottom of page