A大学看護学部の授業へゲストスピーカーとして登壇


看護学部ゲストスピーカーとして登壇

Nurse for Nurse 代表理事の門元がA大学看護学部のキャリア形成に関する授業にゲストスピーカーとして登壇いたしました。


授業では門元自身がこれまでの経験を踏まえてキャリア形成において大事だと思うこと3つについてお話しさせていただきました。


講義の後にはグループに分かれ、それぞれが「キャリア形成で大事だと思うこと」を話し合っていただき、それらが何故大事だと思うかも含めた発表をしていただきました。学生からは「情報収集」「経験」「自分の思い」「学習意欲」「向上心」「夢を明確にする」「財力」「主体性」「広い視野」などが大事なこととしてあがりました。


講義を受けた学生の皆様からいただいた感想は下記の通りです。

  • 今までキャリア形成とはどういうことか、あまり分かっていなかったけど、話を聞いて理解することができた。ただ自分の夢を思い描くだけでなく、その夢に向かって考え、行動することの大切さを学べた。

  • 今回のお話を聞いて、看護師になってそれで終わりではなく、その後も自身のキャリアについて考えていかなければならないということがよく分かりました。私自身のキャリア形成について、あまり考えていなかったですが、目の前のこと、自分だけのことだけでなく周りの友達や、日本以外の国の人々の現状についても視野を広げて見ていくことで、自分がどうしていきたいのか考えていきたいと思いました。また、自分で立ち上げていくという考えはなかったため、今回お話を聞けて、とても良い経験になったと思います。

  • 看護師というキャリアの中で、様々な経験をつみ、一般的なライフステージにあったような働き方ばかり想い浮かんでいましたが、自分の興味を持ったことに果敢に挑戦されている姿に感動し、私もやりたいと思ったことに思い切って挑戦しようと思いました。


また、Nurse for Nurse(NfN) についても下記のような感想をお寄せいただきました。

  • Nurse for Nurseの活動を初めて知り、自分のこれからの経験、人の経験などを共有し話し合い、より良い看護、医療に向けて活動するのに壁はないということに感銘を受けました。

  • NfNの人とのつながりというのが心に残っています。色々な課題を解決するために、看護職同士が助け合い、意見を交換し合うことで解決に繋げるのはすごく良いと思いました。

  • NfNの活動で特に良いなと思ったのが、交流会です。キャリアを形成していく上で、やはり大切になってくるのが情報と経験だと強く感じました。自分の知らないことや体験できないことを分野や世代を超えて共有し合えるのは、大きな学びになるなと思いました。

  • Nurse for Nurseは実際に現場で働く人の声を聞けるとお聞きし、とても素てきなつながりの場だと感じました。

「学生」という視点から講義内容を受け止め考えていただき、1時間という短い時間でしたが今後の学生の皆様の看護職としての可能性が非常に楽しみに感じられる1コマでした。長い看護職としてのキャリア、これからもそれぞれがその時大事だと思うことと向き合い、それぞれのペースで柔軟に取り組んでいただければと思います。


このような貴重な機会をありがとうございました。ご一緒させていただき大変光栄でした。